さあ やって来ました 日本のカリフォルニアへ!

今日、日本が最もアメリカになる場所

東京・お台場で開催されたムーンアイズのビッグイベント

ストリートカーナショナルズ2016の会場から今年もリポートをお届けします

 

今、朝の8時前です

開場は9時なのでちょうど1時間前ですね

 

手前のエリアはすでにクルマがギッシリと並んでいるのがわかります

その奥のスペースには順次、エントリー車両が入庫してきてます

 

 

あの向こうの向こうまですべて会場なの

この広大なスペースに1200台以上のエントリー車両が並ぶんですよ すげー楽しみ

 

 

入場待ちの車両がズラズラと並んでいます

アメ車ならではのサウンドが辺りを響かせていて

テンションを上げてくれるぜー

 

 

家族でブロンコのオープンなんてオシャレすぎ!

 

 

こんな感じでトランスポートされてくる車両もアチコチから

 

 

さあ いよいよ会場に入ります

今年も熱くなりそうな予感が!(≧∀≦)/

 

 

会場にはミュージアムクラスのクルマが360度パノラマ状態

普通だったら1台でも見れたらスゴイはずなのに

今日はそんなクルマだらけ その数ナント1200台

 

 

さすがに1台1台すべてシャッターは切れないですが

できる限り、会場の様子を詳しくお届けできるようにと

撮りまくってきました

全部で550カットあります

 

 

ムーンアイズのブースに寄ってみると

30周年記念グッズを買い求めて早朝にも関わらずファンが列をなしてました

 

 

ムーンが製作したプロジェクトカーも展示中

 

おなじみのアイボールが今日の空にピッタリ!

 

同色系でさりげなく入ってるスローガンがイイ感じ!

 

毎度ながらステッカーの貼り方は参考になります

 

あのミゼットだってムーンが手掛けるとご覧のとおり!

 

箱形トラックすらもカッコイイでしょ!

 

プラモデルにもなったムーンのタイプ2

 

 

まだオープンしたばかりでしたが

こんな感じでグッズを買い求めてズラズラっと列ができていました

 

記念すべき第一回目からのイベントポスターが展示されてました

 

時代を感じるデザインでしょ!

絶妙な具合で当時のままを継承しつつ、うまーく進化して行ってるのがわかります

 

こちらは車両をエントリーした人たちだけが手に入れることができる記念ステッカー

このステッカーを窓ガラスにいっぱい入ってるマシンもチラホラ見かけます

 

これだ第一回目のイベントポスター

開催場所はなんと東京大井競馬場の駐車場なんです

私たちはまだ中学生と小学生だった時代

 

これはキャンディタワーが誕生した2001年に開催された時のポスター

 

こちらが今年のポスター

30周年のアニバーサリーロゴが一際目立ってます

 

ムーンのブースではワイルドマン石井さんがピンストの実演中

 

こちらはそのワイルドマン石井さんによるアワード受賞の際の記念ディスク

すべて手書きの1点モノ

 

ぞくぞくとエントリー中

クリスタルガイザーが売られてたので1本ゲット

この場所で飲むクリスタルガイザーは格別の味!

 

フェンダー部分をよく見るとヘビ柄になってるという手の込みよう

 

ここに展示されてるクルマはどこもかしこもピカピカ

自分の車をここまで磨き上げてみたいもんだなーっていつも思います

 

この時代のピンクは何とも言えない絶妙な色合いをしてます

 

一見、サビたボロに見えますが、

実はこれ以上サビないようにクリアでコーティングしてあります

時代を止めるテク

 

エルカミーノにカワサキのバイク

んー シブイなー

 

どんどん気温も上昇してきて 夏日に

5月だからあえてこの厚さが気持ちいい!

 

ストリートカーナショナルズ2016 現地リポート

まだまだ続きます

 

続き第二章はこちらからどうぞ!


画像及び文章の無断転載は固くお断りします。