この日、「雨だ!」って予報がうって変わって

ご覧のとおりの晴天に!

海のそばだから潮風感じながら 爽ー快!

アメリカにはやっぱり太陽が似合うぜ!(≧∀≦)/

 

見渡す限り クルマ クルマ そして クルマ・・・・

参加車両はなんと1000台

それに雑貨屋さんやピンストショップなんかのお店が150件だって

俺たちの「日曜日天国」出現だぜー

 

 

さて さっそく見て回りますか!

 

ゆっとくけど

いくらマウスのホイールを回しても 回しても

クルマ クルマ またクルマ

クルマの画像ばっかり ホンマに永遠続きます

 

クルマにそんなに興味ない人は修行のつもりでw

 

ほな そろそろ行きましょか

かぁー テンション上がるぜー (≧∀≦)/

 

 

さっそくこんなのから

ミスターフィフティーズカーこと シボレー・ベルエア

 

日本って世界的に見てもクオリティの高い旧車の宝庫なんです

くわえて ムーンアイズ主催のイベントでしょ

そりゃー名車揃いってわけですよ!

 

なんかもうUSJとか映画の世界だよねー

間近で見ると惚れ惚れしちゃうカッコヨサ

 

なんなの このコックピットのシブさは

オマケにベンチシートだからね

あー アメリカはやっぱボクらの永遠だぜー

 

イベントだから周りは人だらけなの

だからこんな写真撮るのも
一瞬でシャッター押さないといけないのね

そんな状況で

うっ なんて言いながらエビ反り

後ろに反り返ってギリギリ ファインダーに納めれた感じの

ながーーーーーーーーーーーーーい車両はまさにアメ車

よっしゃ 撮れたで (o ̄∇ ̄)o

 

勢いよくジャンプするぜ!って瞬間で止めたユニークなディスプレイ

 

 

なんかハワイのキレイな海見てるみたいな 
爽快なミントグリーンのカラーリング

気持ちいいなー

 

その昔、アメリカはこういうのでコーラとか運んでたんだよなー

シャレてるよね

 

このまま変形して
ロボットにトランスフォームしそうなくらい凝ったデザインが
昔のアメ車の特徴やね

 

E.T.も駆けつけてくれたようす

しかしこのE.T.デカイなー 

どこでこーたんやろう

海外でこーた後に
手持ちで必死で持って帰って来た・・・・そんな状況を想像すると

なんかいいなーw

 

ものすげースーパーチャージャーを搭載したマシン

3連ミサイル発射しそう シュパーン

 

ポルシェも旧車はホント可愛いよねー

足元はムーンディスクでドレスアップ!

私はこの車見るとビバヒルのディランを思い出します

 

所さんと同じ半ツヤで仕上げたコブラも参加

これをガレージに止められたら
それだけでご飯3杯は行けるなー

 

あのニードリペアのシールも貼ってあったりと演出が細かい

 

こういう思い切った色に塗れちゃうのもアメリカ好きならではやね!

 

ブロンコらしいこの四角な感じがたまんないなー

こういうので海行くと
行くまでの道のりもきっと楽しいんだろうね

 

このカラーリングがお見事

できそうでなかなかできない色です。

 

「汚ったねー」って思ったアナタ

これ実はエイジング塗装なんです

 

所さんの影響か、今回のショーでは至るところで

この錆塗装のクルマを見かけました

スゲーなー

 

普段はまずミニカーでしか見かけない
ウッディワゴンも実車が展示されてました

この木の感じ、メチャクチャリッチな感じ

 

「なんやこの小ささは!」と思わずシャッターを切った車

映画「カーズ」みたいな愛嬌を感じちゃう

 

ヒストリックルート66の世界やね

初代コルベットの4灯ヘッドライトモデル

アロハシャツ来てブッ飛ばしてー

 

おっと ウルフマン号発見!

アメリカングラフティに登場したあのマシン

 

もはや芸術やね このエンジンは

 

ヤレタ感じを絶妙に出してある

初代フォード・エコノライン

 

うちでも売ってる

クレイスミスのアンテナトッパーも活躍中!

こういうの見ると嬉しくなるね

 

この色エエなー

 

ポンティアック ファイヤーバード

 

こっちはカマロ

あっちこっちに名車がゴロゴロ

 

この車両は メチャクチャ キレイなメタリックブルーでした

 

ここを通るみんな 何で塗ったらこうなるんやろーって言ってましたよw

たしかに このツヤ感はどないしたら出るんやろうか


画像及び文章の無断転載は固くお断りします。