アメリカ雑貨のテーマパーク!キャンディタワー
HOME
新着情報
商品カテゴリー一覧
カートの中を見る



はじめてのお客様
ブリキ看板について
お客様の声
ご注文からお届けまでお支払方法
配送料
返品・交換
お買い物の操作方法
困ったな?と思ったらよくあるご質問お問い合わせ

個人情報保護のお約束特定商法取引法の表記

会社案内
スタッフ紹介14000円以上で全国送料無料
クレジットカード決済OK!
代引・銀行振込・Smash


E-mail(半角)

新商品入荷のお知らせなどをいち早くお届けします!おかげさまでアメリカ雑貨好きから大人気のメルマガです。現在ご登録者数は15000人を突破!(購読はもちろん無料)

解除はこちらからどうぞ!


今月の特集は「ビール」です(笑)これからの年末年始、ビールを飲む機会も多くなると思いますので、ぜひ、この特集で雑学をいくつか覚えていってくださいね。きっと宴会やパーティーで尊敬されたり、モテモテになっちゃいますので(^−^)vさぁ 今月の特集もいってみましょう♪


 何事にも始まりがなければなりません。もちろんビールにも始まりがあるのですが・・・本当に歴史の教科書のような勢いでビールの歴史はとって〜も古いんです。ビールの誕生については諸説があり、紀元前8000〜4000年までさかのぼるといわれ、文明とともに古くから人々に親しまれていたんですって()゜ロ゜)」なんたって人類最初の文明と言われるメソポタミアに興じたメシュール文明だと言われているんですから。そのシュメールの人々が粘土板に楔形文字でビールづくりの模様が記録に残しているんです。まぁビールと言っても製法は、まず麦を乾燥して粉にしたものをパンに焼き上げ、このパンを砕いて水を加え、自然に発酵させるという方法だったそうで、私達が飲んでいるビールには、ほど遠いものらしいですけどね(^^;;

 その後、紀元前3000年頃のエジプトでも肥沃なナイル河畔で収穫される大麦を原料につくられたビールやあの有名なハムラビ法典にもビールにかかわる法律が制定されているんですよぅ。ねぇ 本当に凄い歴史でしょ?まぁ〜いずれにしても、古代人の生活においてビールは神の恵みである神聖な飲み物であったのであります。


 中世になると、ヨーロッパでは、上等なビールが修道院でつくられるようになりました。当時の知識人であった修道士や僧侶たちは醸造知識にも優れ、香味剤である「グルート」を使ってビールをつくりました。この頃のビールは、栄養補給や医療にも利用されていたようです。【酒は百薬の長】なんて言いますが、この時代からもそのような意味合いがあったんですねぇ。

 11世紀後半になると「グルート」の中でも「ホップ」を使用した場合に、ビールの品質が飛躍的に向上することがわかってきて、このビールが次第に広まっていきます。このホップはビールには欠かせない原材料で ホップがビールに果たす重要な役割は、1.ビールに独特な芳香と爽快な苦味を与えること。2.麦汁の過剰なたんぱく質を沈殿・分離させ、ビールを清く澄んだものにすること。3.雑菌の繁殖を抑え、ビールの腐敗を防ぐこと。4.ビールの泡もちをより良くすること。そう私達が望んでいるビールの美味しさはこのホップのおかげなのです♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪


 コロンブスのアメリカ大陸発見後、16世紀に入ると、次々に移住、入植が行われ、建国が進められ、それにしたがって、多くのブルワリー(ビール醸造所)が造られていきました。そのブルワリーは多くの開拓者の喉をビールで潤し、酒文化と開拓の歴史は切っても切れない関係になっていったのです(* ̄0 ̄*)ノ口

しかぁ〜し、1920年〜1933年の13年10ヶ月19日7時間32分30秒の間の『禁酒法』という法律が執行されます(。>_<。) この法律は『酒を造っても売っても買っても飲んでもいけない』という、なんとも訳のわからん法律で、日本でも徳川時代にあった『生類憐みの令』に匹敵するこような、てんてこ舞いな法律でございました。

この法律のおかげで、開拓者の楽しみはおろか、当時、数千はあったといわれる、ブルワリーが失われることになったのです( −ヘ−#)

 

 禁酒法の廃止への決定的な要因は1929年の大恐慌の発生でした。不況になり、お金がなくなると、それまで黙っていた勢力が声を大きくするのは、言うまでもありませんよね(^^;;アメリカの議会では禁酒法廃止派が、禁酒法を廃止すれば、酒税が入り経済が潤うことや酒を作る業界、売る業界が開かれれば雇用が増え犯罪者が減ることを掲げて大衆に訴え、議会を進めていくのでした。

さらに、ここに大統領選挙が絡んだことが禁酒法廃止に拍車をかけます。当時の大統領であった共和党のフーヴァー大統領は不況打開に効果的政策を打出せないまま、選挙戦に臨んだび、対する民主党はローズヴェルトを候補者にし、いち早く廃止を訴えて選挙戦に入り、廃止賛成派を味方に取り入れました。結果はローズヴェルトの勝利v(≧∇≦)v 、議会でも廃止派が占めた為、こうして1933年に禁酒法は廃止されました


 禁酒法が廃止された後、すぐにビールの製造が始まった・・・と言いたいところですが、実は違うんです(=_=;) 1933年の禁酒法廃止と同時にアメリカでは、ワインの自家醸造は解禁になりました。しかし、ビールの自家醸造解禁は、議会の議事録の速記漏れのため1979年のカーター大統領の時代まで待つことになってしまいました。実に驚くほど、近年の話なんですねぇ〜 びっくりでしょ?

 1978年にビール自家醸造が解禁されたことによりマイクロブルワリーの開業がブームとなりました。大手メーカーが合理的な高濃度醸造法での大量生産に依存している反動として、自然で独特の味わいを楽しめる小規模醸造のクラフトブルーイングが受け入れられ、着実に販売シェアを伸ばし注目されています。この市場の動きに呼応して、最近では大手メーカーがマイクロブルワリーの開発した優れたビールのレシピを購入して自社製造ビールに生かしたり、マイクロブルワリーの製品を自社の販売ルートに乗せ、ブランドイメージを高めたりする例が見られるようになりました。徹底したドイツ志向のビール製造で高い品質評価を獲得し、アメリカで最も成功したマイクロブルワリーのひとつといわれているレッドフックエール・ブルワリー社とバドワイザーで有名なアンハイザー・ブッシュ社の提携が特に有名です。


 アメリカでは、個人的に美味しいビールを作る文化が発達しています。 アメリカでは個人のビール自家醸造は、一家庭あたり年間200ガロン(約756リットル)以内であれば、FREE(無税、自由、無申告)なんです。製造者達は、30リッターから200リッター程度のプラスチック製発酵容器をキッチンに備えており、この中でビールを発酵させ、樽詰またはビン詰にして、オリジナルラベルを貼り、自慢し合いながら家族や友人達とパーティーやコンペを繰り広げて『地ビール文化』を楽しんでいるんだそうです〃^_^〃 そして、その中から人々の間に広がっていったビールを製造する酒造所をマイクロブリュワリーといい、オリジナルラベルをつけて販売しているんですって♪アメリカには大手メーカーのものからマイクロブリュワリーのビールが115銘柄以上、あるんですよ(‘◇’*)ただ残念なことにマイクロブリュワリーのビールは日本ではなかなか飲むことが出来ないんです。アメリカに行ったときには、ぜひ、飲んでみてくださいね。

 

ヨーロッパの人々からすると「アメリカのビールは水っぽいし、頼りがいがない」と言われるらしいですが、確かに日本でアメリカ産のライトビールなんか飲むと薄い感じがしちゃうこともありますよね(^^;;では、なんでそう感じてしまうのか?私がお答えしましょう(^−^)b

 実は、ビールの苦さの低さにあるのです。つまり、アメリカ人にとってビールとは酔うためのものではなく、喉の渇きを癒すための黄色い水なんですねぇ〜 う〜ん、実に豪快なアメリカならではでしょ?そのためでしょうか、アメリカは世界第一位のビール生産国で、世界全体の22パーセント(2300万キロリットル)を生産しているんですよぅ┌( ̄0 ̄)┐ そう、なんだかんだと売れに売れまくっています。

 

 さてぇ ここまで聞いたらアメリカンビールを飲まずにはいられなくなってきましたねぇ♪アナタはどのビールを選びますか?バドワイザー、ミラービール、ギネスビール・・・この際だから、全部まとめて飲んじゃいますかっ(* ̄0 ̄*)ノ口 

というわけで、ビールのおしいい注ぎ方を教えちゃいます。まず大事なのは「泡」なんです。このビールの泡をうまく注ぐことでおいしいビールを飲むことができちゃいます。

1. 最初はゆっくりとビールをコップ1/3くらいまで注ぎます。
2. そこから一気に溢れそうになるくらいまで注ぎます。で、一旦お休み。
3. 泡が少し沈むのを待ってから、今度はまたゆっ〜くりと泡が盛り上がるように注げば、クリーミーなきめ細かい泡ができあがります。これでうまいビールのできあがりです。

おいしいビールを注ぐには3回注げっていいます。これはこの泡を作るためです。で、最後に!ビールは全部飲み干してから注いで下さい。「さあ、さあ、飲んで飲んで」とばかりに飲み会では、注ぎに注ぎ足しちゃいますが、あれをするとビールの泡が壊れて、味を落としちゃうんですよ〜

で、おいしい注ぎ方がわかったわけですが、あと重要なのが、おいしい飲み方ですよね!これは家族や友達とワイワイするのが一番。さっそく電話して呼び出してください。

最後にアメリカでは「乾杯」をなんと言うかご存知ですか?アメリカでは「チアーズ」と言ってグラスを合わせるんですよん♪

さぁ 皆さん準備はOKですかぁ?では、ご一緒に・・・・「チアーズ♪」

ご精読ありがとうございましたぁ♪"( ^ - ^ )ノ~~マタネー☆'.・.・:★'.・.・:

 

アメリカ=チアーズ
ハワイ=ヒパヒパ〜
イギリス=チアーズ
イタリア=チンチン
ドイツ=プロースト
フランス=アヴァ−トルサンテ
スペイン=サルー
中国=カンペイ
韓国=コンベ
タイ=チャイユー
ブラジル=サウジ
ロシア=トースト

 

 
 
Copyright (C) 2001-2010 CandyTower All rights reserved

CandyTower
アメリカ雑貨のテーマパーク!キャンディタワー

 

【アメリカ雑貨通販】キャンディタワー
〒546-0024 大阪府大阪市東住吉区公園南矢田2-18-23 キャンディタワー1F

通販専門会社のため実店舗はございませんので予めご了承願います。

商品のお問い合わせ/電話&FAXでのご注文はこちら
営業時間:AM10:00〜PM6:00(土日祝は休み)
TEL/FAX:06-6698-6969
Eメール:
fujiwara@candytower.jp

インターネットからのご注文は365日24時間いつでも受付中!