2012年のお盆休み中に

所さんが自動車ショーを開催するってことで

東京日帰り弾丸ツアー決行!

 

 

朝6時台の新幹線に乗って行ってきました 渋谷まで・・・・・・

で、行けなかったみなさんのために

突撃レポートを私が勝手にやろってわけです!

というわけで、第44回全日本マルトコ板金自動車シヨウ はじまり はじまり・・・・・・

渋谷駅を下りて外に出ると待っていたのはこんなビル!

デ デカイ! なんか180mもあるんだとか・・・・さすが東京やなー

で、交差点から見上げるとガラスのところに長蛇の列が・・・・・・

人人人・・人人人人・・・人人人・・人人人人人・・・
人人人・・人人人・人人人人人・・・人人・人人人人・・・・

そして 人

そう、我らの同士が全国から集まってきてました

 

 

ここに並んでるみなさんが下の交差点から見えてたってわけ(〃 ̄▽ ̄〃)

すでに50mくらいの長さになってました

しかもこの開催初日は午後12時からの入場なんです。

で今ココは午前9時45分頃

実は2日前に発売になったばかりの所さんのNEWアルバム「ハーレーの唄」を買うと

その中にプレミアムアワー入場券ってのが入っていて、

それを持ってると午前10時から入れちゃうという特典が付いてたんです。

つまりココに並んでる人たちはみんなCDを買ったファンってワケ

プレミアムアワー入場券で入るために私もしっかりとCD買いました

 

 

さてさていよいよ入場なんですが

あまりにも並んでる人が多いので

係の人たちに20人ずつくらいの組に分けられて少しづつ入場ってことになりました

朝早くから並んでたファンが次々と入っていきます

そして一目散にかけって行く先は C= C= C= C=┌(;・へ・)┘

グッズ売場(笑)

 

さすが所さんのファン 物欲旺盛な方が多いなー

日本中こうなれば不景気なんて一瞬で吹き飛ばしそうなんだけね(笑)

 

で、私は突撃レポート作るために

グッズ売場に行きたい衝動をグッと押さえて

人が空いてるうちに会場内を撮影 撮影っと・・・・C= C= C= C=┌(;・へ・)┘

 

 

ジャジャーン!

ドアを開けてまず待っていたのは世田谷ベース号の第一号機、

HQ-1ことフォード F-150ハーレーダビッドソン仕様

なんだけど所さんがペイントしちゃったーバージョン

この戦艦ブルーがのちに世田谷ベースカラーって呼ばれる

あのブルーグレーのベース色になるんだよねー

いやー このマシンを間近で見れちゃうのは感動っす!(〃 ̄▽ ̄〃)

 

 

そして所さんの18番とも言えるステンシルがボディにバシッと!

所さんがこういうことをするまで

日本ではこんな習慣、確実になったはずです

今やアメ雑好きの間では定番カスタマイズになりつつあります

クルマにやるのは勇気いるけど、

一度やっちゃうと すっかりと平気になるみたい

ちなみにこのステンシルはステンシルに見えるけど、

筆を使って手書きで一発描きされたものなんですよ!

 

 

こういう部分ってなかなか雑誌とかでも写らないでしょ

んー参考になります

文字のステンシルを吹いてから、

今度は四角い部分をクリアで吹くと

あら不思議、ステッカー風に見えちゃうという裏技

 

 

高級ホイールを履かせるのが常識だったカスタムの世界に

ドレスダウンという反対のことをして格好良く見せちゃう所さんならではの発想!

今では結構見かけますが、当時はこんなことなかなか思いつかなかったんだよね

 

 

荷台を開けっぱなしで走るのがカッコイイ

まさにアメリカそのもの

 

っとそこにステッカーチューンを発見!

望遠にして シャッター 何とか撮れました

 

 

んー近くで見てもイイ色してます

何とも言えないブルーグレー やっぱ本家はカッコイイっす!

 

 

こうして見ると筆跡がわかるでしょ!

しかしこの文字間隔や自体も絶妙やね

一見同じ様でこういう所に思い切り神経尖らせて選んでるところがシブイ

 

ムムッ これはもしや 傷を隠す技か?

ちょうどコツンとしそうなところに福のステッカーが

 

 

あーなんかこれ見てるだけでご飯3杯くらい行けそう

 

 

お次は世界の北野さんの愛車

ランボルギーニ ガヤルド LP560-4

670馬力 V型12気筒エンジン

白のランボを買って たけしさんの案でブルーに塗り替えたのがこのマシン!

 

 

このあまりの美しいブルーさに

のちにランボルギーニ社から連絡が来て

キタノブルーという名称で正式ラインナップになったんだとか

さすがたけしさん

 

ちなみにたけしさんの初期の頃の映画の映像が青みがかっていたため、

海外でその映像技法がキタノブルーと呼ばれたことが由来なんだとか

色一つを取ってもこんなストーリーがあるんやね

 んー 奥が深い

 

 

ホイールはブラックに全塗装

カッチョエーノー (o ̄∇ ̄)o

 

 

なんかスポーツカーってノーズが長いイメージだけど

ランボはエンジンが後ろにあるのでオシリが長いの

頭の後ろで鳴り響くランボルギーニサウンドって

きっとクセになるんだろーなー

 

 

あー発見! 等々力ターバンズのステッカー

これ、昔、清水圭さんの車にも貼ってありました

 

 

さてお次はポルシェ

だけど このマシンはポルシェ社からリリースされてないの!

あのお二人が作った世界に1台のワンオフ ポルシェです。

ついこの間まで新型だった997ターボをベース車両にして

たけしさんが昔乗っててお気に入りの 959風に仕上げたらどうですか?
って所さんの案で作られたマシンなんです。

 

 

もともと黒だったこのマシン、

真っ白に塗り替えられて、それをたけしさんにお披露目したところ

「黒がイイんだけど・・・」の言葉に

また黒に塗り直されたっていう逸話が・・・・

その模様もテレビでやってました

 

 

どうらったらこんなにピカピカになるの?ってくらいピッカピカのホイール

これガリってやったら・・・・って
ついつい考えちゃうのは庶民なのか(〃 ̄▽ ̄〃)

 

 

新型なので内装もカッチョエー

 

 

979Kってこんなのないよ!っていう

まさにお二人ならではのワンオフカスタム車両やねー

 

 

いつもはアメ車ばかりに目が行っちゃうけど

これだけスゴイの見せられるとさすがに「欲しい・・・」ってなっちゃう

でもこのマシン、ベース車両だけでたしか2600万くらいでしょ

カスタム費用って1000万越えてるんじゃないのかなー?

これ1台で3500万くらい・・・・(〃 ̄▽ ̄〃) ヒエー

 

 

そのスゲーポルシェの奥にはスネークモーターのオリジナル原チャリが!

 

 

コレ、雑誌「デイトナ」に掲載されたヤツだ

 

 

こっちは白バージョン

 

完全に昔のバイクって見た目だよねー

 

 

手前にはスネークモーターのフラッグが・・・

うちらはこういうのが欲しいんだけどねー

これは残念ながら売ってなかったです。

 

 

っとまあ、この会場で販売もしてました

価格は36万円也

このスタイルが気にいれば

ワンオフモノにしては確かに破格と言っても良いほど

 

 

このカラー、世田谷ベースっぽくてカッコイイなー

 

 

ブルーもありました

 

 

これだけ並んでるとなんかバイク工場みたい!

 

 

コレ、会場で見るから普通に馴染んでますけど、

これで町中走ったら相当注目の的だろうね!

 

 

謎の男が所有するスポーツカーと題して作られたワンオフのスーパーカー!

ベース車両はコルベットのC6で

昔のベンツのレーシングカーをモチーフに作ったモノ

 

 

エンブレムはなんと世界の○タノのKじゃないの

 

もはやマッハゴーゴーゴーの世界でしょ

コレ、ボタン押したらたぶんミサイルとか出るよ きっと

そんな気にさせられちゃうね

 

このクルマ、デカイの 後ろもこんなに長いし

1/1スケールはプラモとは迫力がちゃうねー

 

 

これ、乗ってコストコ行ってみてー

 

 

会場はこんな風になってました

 

世田谷ベースのセット

ココで記念撮影ができるっていう粋な計らい

ソファやテーブルなどはすべて本物

所さんと同じ場所に座れるってことがファンには嬉しくてたまらないわけ

 

 

ロードストローラーの1/1スケールフィギュア

コレ、ココで売ってました

ちなみにお値段100万円也

その後、売れたんかなー その話題、興味あるなー

 

 

で、誰かのマネして だらしなーく座ってみました

ハイ、チーズ! (〃 ̄▽ ̄〃) プッー

 

 

会場内には子供達も楽しめるようにと

マリオカートのミニラジコンが用意されてました

 

 

結構良いスピード出てましたよー

しかもコースあるとやっぱ楽しそう

 

で、私は次のクルマに・・・・・

 

おお!っと キターーーーー

コレ、実車見たかったんだよなー

フォードのボロボロのトラックをアメリカはフロリダから買ってきて

所さん流に仕上げたホットロッドマシン!

アメリカ人から買った値段は64万円なんだとか・・・・

 

 

これ、失礼ながら捨ててある車よりボロボロな見た目です。(笑)

 

40年代のクルマにブレンボがしっかりと入ってる・・・・このミスマッチさが最高!

 

フェンダーがなくてタイヤむき出しだからシブイ!

今のクルマなら違法だけど、
昔のだからこれはこれでOKなんです。

合法でコレでちゃんと走れちゃうのがうらやましい限り

 

 

荷台は実はこんな感じになってたんです。

こういうところ、なかなか写らないからねー

 

リアもカッコエエのー

しかしよーサビとるわ

 

なーんて思ったら

このボディ、古めかしいエイジング塗装がかなりされてました。

ボロをメチャクチャボロボロに見せるって演出やね

 

と、今度はそう思ってみると

これが芸術品に見えてくるからスゴイ

 

 

このエンジンむき出しの姿、たまんないなー

ちなみにフロントのカバーはトラクターのモノ

そう、あの畑を耕すヤツ

なんでも絶妙に組み合わせればアートになるもんやねー

 

 

後ろ姿なんかもうチョロQって感じですよ

可愛いって思いだしたら 病に掛かってます アナタも・・・・

 

昔の爆撃機を思わせる爆弾のマークのアクセントがステキ

こういうの何か作る時の勉強になります

 

 

もう、買ってきた時の原型はまるでない感じ!

完全に所さんバージョンで作り替えてあります。

 

 

この微妙な狭さが心地よさそう

 

 

しかしコレを売った人にコレ見せたら驚くだろうねー

やっぱり返してって・・・・(〃 ̄▽ ̄〃)

 

「ココ、修理が必要です!」なんてステッカー

こういうシャレは所さんらしい

 

 

シャーマン戦車のステンシルが!

さりげにこういうの入れると一気に雰囲気が出るなー

絶妙な加減がなかなかマネできないウマイところやね

 

 

んー やっぱりカッコイイなー

けどクルマ買いに行ってコレを買って家に帰ったら

家族全員から総攻撃を喰らいそう(笑)

これで幼稚園迎えに行ったらヒーローだよ ホント

 

 

ジャジャーン その隣は 64年コルベット スティングレイ なり

 

エッジの利いたシャレたデザインやから

今見ても魅力的!

特にこのスティングレイは後ろ姿が美しすぎる・・・・ハァー

 

 

なんか当時の新車よりピカピカなんちゃうの?(笑)

こんなにクルマって光るんやー

 

さて お待ちかね シェルビーコブラです!

 

新しくつや消しに塗られたコブラを初お披露目!

 

これが去年の世田谷ベース展で展示されてたカラー

私個人的にはこっちの方が好みなんだけど

所さんみたく極めるとそうなるのかなー

 

ホンマこのクルマはグラマラスやねー

 

エンジン掛けたらエグイ爆音がするらしい

以前、番組で伊藤四朗さんがゲストで来た時に
所さんがコブラのエンジンを掛けたら
「もういい もういい」って耳ふさぎながら本気でビビッてました

 

 

コブラにシボレーのステッカーを貼っちゃうところが所さん流

所さんのコブラは実はエンジンがGM製だからなんです。

ちなみにベンツのパワステまで移植されてるんだよ

 

戦闘機に付いてた時計をココに移植

それを留めてるパネルもカッコエエなー

 

ちょっと気になったからグッズコーナーに行ってみたらこんなことになってました!

 

そこに溢れてる人もみんなレジ待ち

なんか1時間待ちくらいだったとか・・・・

恐るべし

この現地でしか買えないステッカーとかあったんだけど

私はこの列を見て買うの諦めました (ToT)

 

 

コブラの前で回転台でグルグルと回ってるのはロードランナー

このクルマの宣伝に当時、ワーナーのロードランナーが使われてたんです。

それを所さんが所有 → 世田谷ベースのシンボルキャラ的に!

→ ファンがロードランナーグッズを集め出す!

ってこんな流れ・・・・・

ワーナーは最初、なんで日本でロードランナーだけが人気なのか?
さっぱりわからなかったそうです。

そう、所さんの世田谷ベースの影響だったのね!

 

 

こんな感じでクルマはこれで全部!

お次は会場内に設置されたガレージへと足を運びます・・・・

 

そこでボクらを待ち受けていたモノとは一体?

 

つづき第二弾はこちらからどうぞ!


画像及び文章の無断転載は固くお断りします。

 

アメリカンブリキ看板専門店キャンディタワー
アメリカ雑貨のテーマパーク!キャンディタワー

【アメリカ雑貨通販】キャンディタワー
〒546-0024 大阪府大阪市東住吉区公園南矢田2-18-23 キャンディタワー1F

通販専門会社のため実店舗はございませんので予めご了承願います。

商品のお問い合わせ/電話&FAXでのご注文はこちら
営業時間:AM10:00〜PM6:00(土日祝は休み)
TEL/FAX:06-6698-6969
Eメール:
fujiwara@candytower.jp

インターネットからのご注文は365日24時間いつでも受付中!

 


E-mail(半角)  
解除こちらからどうぞ!