さて、ムーンアイズ主催のビッグイベント
ホットロッドカスタムショー2013が12月1日に開催されました

去年、初めて訪れて あまりの面白さに
「来年も絶対行くぞ!」って誓ったとおり
ココ、パシフィコ横浜まで今年もやって来ました!

 

チケットを手に早くもワクワク

どんな車両やお店が待ってるんだろうって想像すると
気持ちが高ぶります!(≧∀≦)/

 

 

さあ、会場が見えたぞ!
これ全部が開催場所なの

もう メチャクチャビッグスケールでの開催ですよ

会場周辺にはひっきりなしにカスタムハーレーがやって来て
ギャラリーたちを楽しませてくれます。

周りに走ってる車も普段は見れないようなアメ車がワンサカやって来るんですよ!

 

 

じゃじゃーん 会場に入ると早くもアメリカ好きで満員御礼状態!

みんなの熱気で熱いからジャンパーは脱いでロッカーへ

さあ、オレたちの天国へ行くぜー

 

 

今年は私のお熱はもっぱらバイクでした

ハーレーに乗りだしてからというもの
あれだけ好きだった車熱がちょっと収まったくらい

その代わりそのお熱はバイクへ夢中

そんなこんなで自然とカメラもバイクの方へ向くのでした・・・・・

 

 

ムーンが仕上げたドラッグ仕様のスポスタ

もちろん足回りはムーンディスクで決めてます

 

 

このスタイルがまさしくドラッグ仕様の原型

直線をいかに速く走るかというアメリカ人らしいスタイリングやね

 

ポルシェと共同開発したエンジンをベースに
ハーレー初の水冷エンジンを搭載したVロッド

そのドラッグカスタムこちら

マフラーのカットの仕方からして大迫力の排気音がしそう!

 

 

キラキラフレーク塗装で塗られたドゥカティ

シルバーってところが新しい

 

 

カスタムハーレーの先駆者、アレン・ネスのカスタム車両も展示されてました

 

 

昔のヴィンテージモトクロスを感じさせるスタイリングはセンス抜群

 

バリバリにカスタムされたハーレーVロッド

 

直線番長を物語る超極太の後輪タイヤ こやつバケモンやな

 

 

昔のヴィンテージモトクロスもしっかりとレストアされて参上

 

よく見ると

 

ヘッドカウルが札束になってる(笑)

 

国産車もセンスの良いカスタムを施せば
こんな風に旧車風のレーサーマシンに変身!

 

 

新しいと古いの見事な融合

つい うっとりと眺めてしまうバイク

 

歴史ある伝統工芸を落とし込む・・・・そんな奇抜なアイデア

 

 

これはアメリカのショーに持っていくとウケそう

 

同じハーレーロゴ一つだってこれだけ個性を出せるんやね

風を切って軽快に走りそうな感じがイイね!

 

私の好きなドラッグスタイルもいっぱい展示されてました

近頃はこのスタイルはあまり見かけなくなったんだけど
さすがムーンアイズのイベントだけあるなー

 

ロー&ロングのドラッグスタイル
マフラーのスタイルが良い雰囲気出してます

後輪にはニトロも搭載

 

ちょっとやそっとじゃ作れないフレームからのフルカスタム

もはやアートの世界

 

バッドランドらしさ溢れるブラックを基調としたチョイワルカスタム

 

旧車の見た目をドラッグスタイルに

タイヤのレタリングだけでこれだけ存在感出せるんやなー 感心

 

 

こういう色って人がしてるの見ると

毎回キレイな色やなーと思いますが

実際やるとなると思い切って行けない色なんよねー

 

この手のダートトラックスタイルはついつい足が止まっちゃいます

 

アクセルをひねると軽くウィリーしそうな雰囲気

 

マフラーの出し方もすごいでしょ

 

パッと見は英国旧車みたいでしょ

だけどスズキなんです

まとめ方がお見事!

こういうの出すと売れるんじゃないですかねー スズキさん?

 

そこらに落ちてる枯れ葉がこんなにステキなディスプレイに!

センスある人がすると何でも絵になるもんだなー

 

そんなブースの壁の塗り方はついつい気になるものです

ムラの出し方がウマイなー

 

 
つづき第二章はこちらからどうぞ!


画像及び文章の無断転載は固くお断りします。