ピッカピカに輝くコカ・コーラのボトルオープナー

ただ、飾りつけるシーンによっては

ピカピカよりもヴィンテージ風の見た目の方が欲しいって時ありますよね!

 

そんな人に吉報です

経年劣化したアンティークのようになる塗装方法を

このコーラのボトルオープナーを使ってやってみます

 

 

このピカピカの見た目がどれくらい古めかしくなのか?

 

 

まずは全体を汚すことから始めます

あまりにもピカピカなので

まずは大ざっぱに汚しちゃうところから

サビ塗装の塗料のラスティブラウンをパレットに取ります

 

絵筆に水をたっぷりと浸けて

 

塗料の一部をシャバシャバの状態にして

これを全体に塗りつけます

 

それをヒートガンで一気に乾燥させると

 

こんな感じに

何だか大失敗の作品って感じ

 

今度はスポンジにラスティブラウンを取って

エッジ部分を中心にサビさせます

ポンポンと上から叩くような感じで

 

金属でツルッとしてる素材だったので

塗料が載りにくい場所もありましたが

そんなところは筆でドライブラシ塗装で色づけしました

この辺りはあまり深く考えず適当な感じで

 

塗料を付けた筆をティッシュで拭き取って

その筆先にわずかに残った塗料をこすりつけていきます

 

 

もう何十年も昔のモノみたいにアッという間になりました

 

 

この状態のままでもOKなんですが

私はこれの上からヤスリ掛けして

塗装をちょっと剥がしてみました

 

 

リアルに使い込まれた感じになってきたでしょ

剥がしてみてもっと錆びた感じがよければ

またこの上からやればOK

 

こんな感じで

古めかしいヴィンテージ感が見事に塗装で再現できました

わずか数分でできる簡単なレベルの塗装です

 

こんな感じ

 

ここにブラックを入れて

よりリアルなアンティーク感を出して行きます

 

スポンジに付けて叩きながら塗って行きます

エッジ部分を中心に

 

ほら 本物のアンティークみたい

 

イイ感じにヤレました

 

使い込まれた古さと

手入れを何度もしたって使い込まれた感と

色んな歴史を塗装で再現してあります

 

 

上から見るとこんな感じ

 

でも裏返すとこんなにピカピカ

今回は差がわかるようにわざと裏面は塗装しませんでした

このピカピカがコレですよ

 

このテクニックを使えば

身の回りにあるピカピカの商品をアンティーク風にできちゃうからね!

本物を買うと高いから手が届かない・・・・

だったら自分で作っちゃうのが正解です

 

人生はアッという間さ さあペンキ塗りやろうぞ!(〃 ̄▽ ̄〃)ニャハ

 

キャンディタワーのDIYカレッジ また来週ー

 


このページで使った塗料はこちらで販売中です

画像及び文章の無断転載は固くお断りします。