ミリタリー塗装で大変身企画

今回のお題は「100均で売ってたウォーターダンベル」です

見るからに軽そうなプラ製のダンベル

水を入れると1kgになるってヤツです

これを塗装して鋼鉄のG.I.ダンベルに変身させちゃいます

 

 

まずは塗装のための下地作りから

プライマーがしっかりと定着するように

荒目のヤスリを使って全体にキズを入れます

磨くっていうよりはキズキズだらけにするって感じです。

要するにプライマーの足がかりを良くするためにそうするってわけ

 

この画像じゃわかりにくいかもしれませんが

全体にキズが入りました

ちなみにこのヤスリはサンドシートっていう

たわしバージョンのヤスリみたいなヤツで

その中で一番荒目の80番を使いました

別に紙ヤスリの荒目を使っても結果は同じですので

それでもOKです。

ただ荒目を使わないとなかなかキズが付かなくて時間が掛かりますので

荒目のヤスリを買ってください

 

 

さてキズキズになったボディにプライマーを塗ります

このプライマーを塗ることでペンキが剥がれにくくなります

薄く塗ってから一度乾燥させてください

30〜60分くらいで乾燥します

その後にもう一度同じように塗って二度塗りします

そうすることでプライマーがしっかりと塗れて下地もしっかりと仕上がります

 

 

プライマーは二度塗りがオススメです。

ちなみに乾燥してない状態で二回目を塗っても意味がありません

しっかりと乾燥させてから二度目を塗ります

 

プライマーを塗り終わった後は

水を入れたバケツにハケを入れるのをお忘れなく

忘れたままハケを放置すると1時間でカチカチになってハケがパーになります

水道水を入れたバケツを予め用意しておくことをオススメします

 

 

下準備ができたから

いよいよ戦車色に塗装します

このプラスチックの見た目が果たしてどうなるのか?

塗装はハケじゃなくてスポンジでします

 

 

塗料をスポンジに取って

それをダンボールの空いてるスペースに叩いて

塗料を落とします

ベットリは厳禁

 

 

スポンジで上から叩くように塗って行きます

3回くらいで全部塗るイメージで

最初は下地が透けるくらいでOKです

それで一度乾燥させて またその上から塗ります

薄くを何度も重ねて完成させるのが基本です

 

 

こんな感じでOKです

1回で全部塗りきろうとすると

ベットリとなってシロウトっぽい塗装になっちゃいます

 

 

このまま乾燥させて 乾いたらまた上からポンポンポンと叩くように

スポンジで塗装して行きます

 

 

スポンジで叩きながら塗装すると

こんな感じで金属っぽい質感が出てきます

この風合いはたとえ同じ色がスプレーであったとしても出せません

このパテっぽい質感を出せるのがミリタリーペイントの魅力です

 

 

スポンジで塗りにくいこういった端っこや隅の方は

筆を使って塗ります

塗った後にスポンジで叩くとイイ感じになりますよ

 

さあ お次はサビ塗装です

サビ塗装の塗料のラスティブラウンをパレットに出します

パレットはダンボールの切れ端でOK

 

そのラスティブラウンを水をたっぷりと付けた絵筆で溶かして

シャバシャバにします

全部シャバシャバにしないで端っこの方を少しだけでOKです

それをこんな感じで筆で付けます

 

それをすぐに何も付いてないハケで素早くこすって薄く広げていくと

 

 

汚し塗装になるんです

このテクニックを知ってると

どんなモノでも全体を簡単に古めかしいヴィンテージ風にできちゃうの

 

 

エアブラシを使わなくとも

ハケでエアブラシのようなぼかし塗装ができちゃうんです

これを全体にバランスを見ながら入れていきます

 

うっすらと汚れた見た目になりました

次はサビ塗装の塗料のブラックを使って同じように

汚し塗装をしていきます

 

ブラックをところどころに入れることで

サビの表現がよりリアルになります

 

同じようにハケで素早くこすります

 

 

この後、ラスティブラウンの原液をスポンジに付けて

サビ塗装をしていきます

この工程で錆に立体感が生まれます

 

もはやプラスチックの面影はありません

 

 

次は英文字と数字を入れてミリタリー色を強めます

用意したのはキャンディタワーで人気の商品

ミリタリーステンシルスタンプです

サイズは0.6インチ(Mサイズ)を使います

 

 

専用のインクを付けて

数字をポンポン

 

 

反対側にはステンシルシートを使って英文字を入れます

100均で買ったドライブラシ(豚毛の硬い筆)に

サビ塗装の塗料のホワイトを付けて

上から叩くようにして塗料を付けていきます

この時に注意なのが筆の塗料をメチャクチャ薄くするのがポイントです

塗料を取った筆をティッシュ等で一度拭き取ってから

さらにその拭き取った筆を何度もティッシュにトントン叩きつけて

薄くした状態でステンシルを入れていきます

薄くを何度も重ねて濃くするのがポイントです

 

 

ほら 簡単にクッキリとステンシル文字が入りました

この技はプラ製のステンシルプレートでも使えます

スプレーと違って滲まず、初心者でもクッキリと文字入れできる技です

 

 

そのままの状態だと文字だけ浮いた見た目になるので

ラスティブラウンを付けたスポンジで上からやさしく叩きます

全体に薄いサビ塗装を施すことでヴィンテージ感が出て

文字の見た目が全体に馴染みます

 

しゃー 完成

まるで鋼鉄のG.I.ダンベルが完成です

 

もともとはこんな感じでした

 

それがミリタリーペイントとサビ塗装の塗料

ステンシルスタンプを使えば

大変身

誰でも簡単に作れちゃいますよ

 

 

このザラッとした質感が鉄っぽいでしょ

 

メチャクチャ重そうですが

指でつまめるほど軽いです(笑)

 

裏側はこんな感じ

 

 

これだったらそこらに転がっててもカッコイイでしょ

ダンベルだけに激しく使うことが多いので

塗装を守りたいなら

つや消しのクリアなどを上から吹くと皮膜が強くなります

ただ何も吹かない状態の方が乾いた感が強く出ててよりカッコイイですけどね

私は「剥げたらまた上から塗ればいいやん!」って派です

それができちゃうのがサビ塗装の魅力でもあるからね!

 

 

あー 重たい

なーんてウソです(笑)

100均は素材の宝庫だから

色んなモノを見つけてきて

練習台にするのにピッタリです

とにかく失敗を恐れずに回数こなせばこなすほど上達します

自転車乗る練習したのと同じです

頭で考えるのも大切だけど

やってみるともっとわかります

週末は仲間を呼んでサビ塗装教室やらなきゃ!

 

人生はアッという間さ! さあペンキ塗りしようぜ!(〃 ̄▽ ̄〃)ニャハ

 

キャンディタワーのDIYカレッジ また来週ー

 

 


このページで使った塗料はこちらで販売中です

画像及び文章の無断転載は固くお断りします。