戦車色に塗って変身させよう企画

今回のお題は「100均で買ったトレイ」です

メラミン製の小振りなトレイで100円の割には結構しっかりとした作り

ただ この見た目です

これをキャンディタワーのミリタリーペイントを使って

U.S.アーミー仕様にしようってのが狙い!

果たしてうまくいったのか・・・・

 

 

さっそく塗装準備に取り掛かります

ミリタリーペイント(戦車色)

下地作りのためのプライマー

サビ塗装の塗料 ブラウンとブラック

ハケ

ヒーティングガン

ヤスリ

使う道具はこんな感じ

 

 

まずは下地作りから開始

プライマーの定着を良くするためにヤスリを掛けます

私が使ったのはサンドシートって名前のヤスリ型のたわしみたいなの

荒目で#80なんてかなり荒いのがあったので

それを使いました

が、トレーだけに汚れが付きにくいコーティングがされていて

100円のトレーとは言え、なかなかキズが付きません

まあ、こういうのは気持ちでもあるので

細かいことは気にせず

できるだけでイイや!って気持ちで

全体と端っこをゴシゴシとヤスリでこすりました

 

 

ヤスリでキズを付けたあとは

キャンディタワーのオリジナル万能プライマーを塗ります

薄く伸ばす感じで塗装をするところ全て塗ります

30〜60分ほど乾燥させて

もう一度、同じように塗ります

この二度塗りをすることで下地がしっかりとできるので

二度塗りがオススメです

注意なのは乾燥してないうちに二回目を塗っても意味がありません

しっかりと乾かしてから二度目を塗るようにします

 

 

プライマーを塗り終わったら

水を入れたバケツにハケを入れておきます

そうしないと作業に夢中になって1時間後にはハケがカチカチになって

パーになっちゃいますので注意

 

初心者の頃はハケを水に浸けておくのをついつい忘れがちになりますので

バケツは塗る前に用意しておく方が賢明です

 

 

さてプライマーが塗れたらいよいよ戦車色に塗装です

ミリタリーペイントの缶を逆さにしてよく振ります

 

 

スプーンなどを使ってパレットに出します

このパレットはダンボールの切れ端がオススメです

塗り終わったらそのまま捨てれるので便利

あとスプーンは100均で30本入りで100円みたいなのを買いました

缶を傾けて垂らすようにペンキを出してもいいんですが、

ペンキが空になった後に

このペンキ缶をディスプレイ等で使いたいなら

スプーン等で汚れないように出しておけば後々楽です。

 

 

さてこのミリタリーペンにとですが

ハケではなく、スポンジを使って塗装です。

スポンジを使って塗装することで塗装面が金属っぽく仕上がるんです

 

 

スポンジでの塗装は筆やハケで塗るのと違って

ペンキを付けたスポンジで上からポンポンポンと叩くように塗ります

イメージは女性がファンデーションを塗るあの感じ

スポンジに塗料をベッチョリと付けるのはNGです

塗料を取ってダンボールの空いたスペースで

塗料はスポンジに馴染ませて落としてください

薄く薄くしてから叩くようにして塗ります

スポンジ跡が見えるくらいまで薄くするのが上手に塗るコツです

 

 

一度で塗るんじゃなくて

3回で仕上げる感じです

3回っていうのは1回塗って乾燥させて

また塗って 乾燥させて

もう一回塗るってことです

なので1回目は下地が見えていても気にしないでください

1回で塗りきろうとするとベチョベチョになって見た目がノッペリとします

 

 

私の場合は乾燥時間を待ってられない性格なので

ヒーティングガンを使って時間を短縮します

これを使えば20〜30秒ほどで完璧に乾燥させることができます

 

 

普通の塗装ならこんなムラだらけだと大失敗ですが

ミリタリーの塗装の場合はこのムラこそがカッコイイ仕上がりになる秘訣なんです

 

 

こうやってツールを無造作に置いてみてもカッコイイでしょ!

もはや最初の面影はまるでなくなりました

 

 

さて これからお楽しみ サビ塗装です

今回はサビ塗装の塗料のラスティブラウンとブラックを使いました

まずはサビ塗装の前に

全体を古めかしく見せるための汚し塗装をします

そのマル秘テクニックを大公開

 

水をたっぷりと付けた筆でパレットに出したブラックを溶きます

その際、全体じゃなくて端っこの方をちょっとだけ溶けばOKです

 

 

シャバシャバにしたブラックを筆で汚したい場所に塗ります

エッジ部分や端っこがイメージかな

 

そして塗った後すぐに

何もついてないハケで素早くこすって塗料を広げるように

シャーシャーシャーと

 

 

まるでエアブラシを吹いたかのように

ぼかし塗装がこれでできるんです

今回はオイル汚れと火薬が破裂したような焦げ跡をイメージして

かなり全体にブラックで汚し塗装を入れました

 

筆で塗って すぐにこすります

塗料は薄い絵の具って感じより

むしろ黒い水って感じかな

それくらい薄くしたヤツで最初はやってみて下さい

薄すぎたら何度もすれば濃くなりますし

塗料を少し多めに溶かして濃さを調整してもOKです

最初から濃すぎるとこの塗装方法は失敗します

薄い塗料をハケで伸ばすってのがポイントです

 

真ん中にはミサイルが当たったような跡をイメージして

 

ちょっと広目の面積を塗って

 

素早く広げるようにこすります

 

 

ここに何かが命中したような雰囲気になったでしょ!

 

さて、全体に汚し塗装を入れたので

これでサビ塗装をしても違和感がなくなりました

よくピカピカの製品にサビ塗装をして

何となく似合わないと思ってた人は

全体の汚しの工程がないからです

これをしてから塗るとサビが全体に馴染んでよりリアルに見えるんです

さて、ラスティブラウンを原液のままでスポンジに取ります

パレットの空いてるスペースで塗料が薄くなるまで叩きます

塗料をスポンジから落とすんです。

このスポンジの塗料はとにかく薄くしてください

初心者ほど薄くして塗装するのがうまく行くコツです。

 

さあ サビ塗装開始!

思い思いの場所をサビさせて行きます

 

エッジ部分や凹んだ場所

あとサビが垂れたイメージを筆で描いたり・・・・

これで完成

 

次は文字入れです

サビ塗装をした後にアルファベットを入れると

もっと戦車っぽくなります

プラスチックステンシルで入れようかと思ったけど

文字サイズが大きすぎるので今回はスタンプにしました

 

ジャジャーン

キャンディタワーの人気商品 ステンシルスタンプです

これはその1インチバージョン(Lサイズ)です。

 

ステンシルスタンプ用のインクをボトルからスタンプ台に出して

付属のヘラで馴染ませます

 

 

狙い位置を定めて ポン

数字の間を少し狭めた方がミリタリーっぽいので

空白部分がちょっと重なるくらいで押しました

 

 

こんな感じで

ハンコなので誰でも簡単にステンシルを入れることができます

 

ハンコを使った後は

ステイズオンクリーナーでインクを拭き取ります

 

 

液体ムヒみたいな作りで

塗りやすくて使いやすいです

ふき取りはティッシュでOKです

 

この大きいタイプは特に面積が広いので

キレイになるまで何度かします

 

 

今度はスポンジにこのインクを取って

ステンシルシートで文字入れします

 

 

このスポンジに付けるインクも薄くしてかた叩きます

薄くってのはちょっと付けるって意味ではありません。

普通にたっぷり付けて、それをダンボールの空いたスペースに

ポンポン叩いて薄くしてから使うんです

サビ塗装もそうですが

このスポンジでの塗装は薄い色を何度も重ねて濃くするって考え方が基本です

スポンジは100均で5個100円くらいで売ってる食器洗い用のスポンジです。

ステンシルをする時に使うスポンジは目が細かいのがオススメです。

 

 

上からポンポン叩きます

こするんじゃないですよ

上から叩くんです

女性のファンデーションのイメージで

 

この技を使えば、プラスチックステンシルでも

誰でもキレイにクッキリと入れることができますよ

所さんがスプレーでやってるので、スプレーでしか方法がないようなイメージですが

初心者には特にこの技がオススメです。

服とかバッグに入れたりって時も

滲まずクッキリと簡単に入れれますよ!

その際、スポンジにインクがベットリ付いてると

隙間からはみ出ちゃいます

何度も言いますが 薄くがミソです。

 

 

ほら 筆で入れたみたいにクッキリとキレイに入ったでしょ!

 

 

その下には撃墜マークの爆弾のスタンプをアクセントで入れました

 

はい 完成!

すっかりとミリタリーのトレイになりました

 

ステンシルやスタンプがあまりにもクッキリと入っているので

このままではその文字部分だけ浮いちゃいます

そこでマル秘テクニック!

サビ塗装のスポンジで上から軽く叩いて文字の浮き具合を押さえます

 

 

ほら、全体に馴染んだでしょ これでさっきよりリアルになりました

 

100均で売ってた冴えないデザインのトレイがこんな風に変身しました

まるで金属の質感です

 

ところが 裏返すとメラミン(笑)

 

秘密基地で友達にコーヒーを出すときに

こんなミリタリートレイに入れて出すとカッコイイでしょ!

あまりにも気に入ってたらプレゼントしてあげてもいいんじゃない!

素材は100円ですからね

もしくは友達と一緒にトレイを作るって遊びをするのもおもしろいはず!

きっと小学校の時に夢中になった世界を思い出しちゃうと思いますよ

男はこんなことしてるのがやっぱり幸せだからね

 

人生はアッという間さ! さあペンキ塗りしようぜ!(〃 ̄▽ ̄〃)ニャハ

 

キャンディタワーのDIYカレッジ また来週ー

 


このページで使った塗料はこちらで販売中です

画像及び文章の無断転載は固くお断りします。