さあて さて 今日は楽しみにしてた所さんのイベント

アメリカンピクニックデイ2016の日

前日から東京に入って朝早くから準備万端ってところです

 

 

モノレール「ゆりかもめ」に乗ってお台場方面に向かうと

ジャジャーン 見えてきました

今日の会場が!

 

駅から降りて会場の入口へと向かいます

 

 

うっほっ スゴイ人の数

今、朝の7時過ぎですがすでに数百メートルの行列ができてました

ちなみに一般の開場は午前10時から

先行入場チケットを持ってる人はその1時間前の午前9時から入れます

 

 

エントランスゲートはこんな感じ!

ここをくくる瞬間は毎年興奮してドキドキするね

 

 

エントランスゲートをくぐると待っていたのは

ジョージモータースのロードサインと所さんの愛車のロードランナーです

 

 

ちなみにこのロードサイン風の看板は

私のサビ塗装の師匠が作りました

カッコイイねー

 

そしてじっくりと時間とお金を掛けて仕上げられた

プリムス ロードランナーがその前に鎮座するってシーンです

 

 

ここにはロードランナーのステッカーがよく貼られてるんですが、

所さんの愛車だけに所さんのオリジナルデザインの

ロードストローラーのステッカーで

ステッカーチューンしてありました

 

 

ちなみにこのロードランナー、

ベイビーシットイエロー(赤ちゃんのウンコ色)で塗装されてるんです(笑)

80年代にフォードの純正カラーであったみたい

マスタングとかに設定されてたとか

 

この前で来場した記念撮影ができるってスペースですね

 

 

ロードストローラーくんも横に飾られてました

これが等身大になるのかな?

だとするとダチョウくらいの大きさやね

 

看板の奥になにやら人が群がってますが

実は所さんが会場にやってきて

BSフジのテレビ番組「世田谷ベース」を今まさに収録中なんです

開場を待つファンたちが身を乗り出して所さんの収録のようすをみてます

この模様は後から詳しくお届けします

 

 

さてさて 今回の会場のマップがこちら!

 

ピンクのエリアのジョージモータースが

今回、所さんの愛車が展示されてるスペースです

 

反対側のエリアにはフードコートをはじめ、フリーマーケットや物販エリア

あと一般の人たちによるエントリー車両の展示がされてるエリアになってました

 

スポンサー企業やイベント参加企業がズラっと並んでます

 

支柱に看板を取り付けてストリートサイン風に演出

こういう演出の見せ方はしっかりと盗みたいところ

キャンディタワーの制作事務所の庭に飾ってる看板もこんな風に飾ってますが

たまーにどうやって取り付けてますか?って質問を頂きます

うちのはホームセンターで木の棒を買ってきて、それをペンキで白に塗って

ビーチパラソルを立てるスタンドを使ってベースを作っています

そこへ木ネジで固定って方法です

 

今回のはこんな感じで取り付けられていましたので

自分でやる際の参考にしてみては!

この手の取り付けパーツはホームセンターに行くと簡単に手に入ります

探し方がわからなかったらこの画像をそのままスタッフさんに見せて相談してみては!

 

さーやって来ました

ここが所さんの愛車が展示されたお宝スペースです

普段、雑誌やテレビでしか見れない世界なので

目の前でリアルに実車を見れるのは

やっぱり感動しますねー

好きな人の魂を感じれるような・・・・そんな空間でした

 

じゃじゃーん コルベットC2

いつ見てもピカピカでキレイです

 

今回は前回と違ってロープで仕切られたところからクルマまでの距離が結構あるので

アングルが難しいですが

できるだけ手を伸ばして撮ってみました

体勢はもはやテキ屋で輪投げをしてるあの感じです(笑)

 

コブラに代わってやってきた所さんのアイコン的なクルマ

トランザム

 

雑誌で見てもキレイだなーって思ってましたが

やっぱり実車はさらにキレイなブルーって印象です

特に室内のブルーは目が覚めるような美しさって感じ

 

後ろから見てもたまんないルックス

 

 

 

さてさて今回の展示車両の中でも目玉と言える

BMダブリュン軍団のバイクがズラリ勢揃いしてました

 

まずは所さんバージョン BMW R75/6カスタム

ゴールドのフレームにグレーの組み合わせが斬新

所さんがそのメーカーのイメージのカラーとは全く違うカラーリングを生み出すのが天才的

こうやって見せられると 確かにカッコイイ

だけど見せられる前は自分ではやろうとも思わないカラーリングです

 

所さんが手書きしたBMダブリュンの文字を総務がステッカーにしたのがこちら

カッコイイからってことで所さんもマシンに貼ることに!

アルミの削りだしエンブレムもオシャレです

 

こちらは総務のマシン BMW R80です

左右でマフラーの形状が違うっていうユニークなカスタムがされています

 

このBMは所さんのと違ってエンジンやフレームには一切手を加えず

基本的にドレスダウンのカスタム

なるべく予算を掛けずにどれだけカッコヨク仕上げられるか?

をテーマに製作されたみたい

いやーお見事 メッチャカッコイイです このカスタム

 

こちらにもBMダブリュン軍団を示すオリジナルステッカーが

 

まさにこのBMダブリュンのステッカーをココに貼るシーンを

テレビ番組「世田谷ベース」でやってました

 

こちらは所さん行きつけの中目黒にある美容室「SAKURA」の代表ヒロシさんのBM R100RSカスタム

ちょっとヤンチャそうな雰囲気がカッコイイね!

番組でBMダブリュン軍団3人で走ろうって企画をやったところ

当日があいにくの雨で中止になりました

んー 走る姿を見てみたかったです

 

車両代金も含めて全部で100万以下で仕上げたってことでしたが

んー信じられない仕上がりっぷり

 

アクセントで貼られた矢印形のステッカーもイイ感じで決まってます

 

久しぶりにあったナックルサンバーはパーツが部分部分新しくされて

ピカピカにリフレッシュされてました

 

 

このハーレーは所さんのカスタムの中でも傑作

好きな人と話すとこのバイクが好きって人、意外と多いです

今は所さんの手から離れてチューブの角野さんが乗ってます

 

ブルー&イエローのグッドイヤーカラーがホント良い感じ!

ハーレーにこのカラーリングはまず思いつかないし

誰もやろうとしないだろうね

 

1970年代の国産車をカスタムして

世田谷ベース仕様にしちゃおう!って企画で製作された1台

ホンダのCB250T

 

さすがにブレーキもイイの付いてます

 

バイクを徹底的にバラして何もかも一から作り直してあるので

さすがの完成度

70年代のバイクにはまるで見えません

 

気になる人はムック本の「世田谷ベースの30号 国産旧車時代」で大特集されてますので

そちらを参考にしてみては!

世田谷ベースのバックナンバーはキャンディタワーでも販売してます

 

これはかなり懐かしいカスタムバイク

所さんが「未来の茨城に生まれて暴走族のリーダーやってたら」

ってコンセプトで生まれたバイクなんです(笑)

 

全体のイメージはあのコブラです

 

スズキのGSX-R750がベースで それにアメリカンなハンドルを付けてあるという

所さんらしいカスタム

このアメリカンポジションでモンスターエンジンの組み合わせなので

ローでフル加速すると吹っ飛びそうになるらしいです


画像及び文章の無断転載は固くお断りします。