日本最大級のアメリカのブリキ看板専門店キャンディタワー!

メルマガ登録
E-mail(半角)

新商品入荷のお知らせなどをいち早くお届けします!
アメリカンキッズ
アメリカンキッズ

◆はじめに◆
これはアメ雑屋の私たちがどうやって音楽CDを販売することに至ったのかを実話に基づいて物語風に書き立てたものです。その時の経緯や状況が分かりやすく伝わればと思って水嶋ヒロさんを気取って書いてみました。冗談です。よろしけれご覧下さい。 キャンディタワー 藤原兄弟(兄)

 

あるレコード会社との運命の出会い

 

ジュークボックスが欲しくて
いつものようにメーカーに聞いて回ってたら
「私のお目当ての商品を○○会社が持っている」と聞きつけて
すかさず電話を入れる

それが運命の始まりでした・・・・・

 

念願叶ってジュークボックスを晴れて扱うことができる約束をこじつけ、
超ご機嫌な私は電話口の人とさらに話が弾んでました

 

そんな話の中で
偶然にも私が数年前にヴィレッジヴァンガードで手にしたジャズCDを
取り扱うレコード会社だとわかったんです。

 

「うちは実はレコード会社なんですよ!」

「そんなに気に入ってるんだったらジャズCDも一緒にいかがですか?」

 

予想だにしていなかった提案に
思わず心が躍りました (≧∀≦)/ヤッター

 

「せやけどなあ、音楽を知らん俺がCD売んのん?・・・・・」

そう思うと自分で笑えてきました
人生、何が起きるかわからないものです。

 

 

数日後、先方さんから電話があって
副社長自ら大阪までCDを持ってわざわざ来てくれはるという

 

うちのホームページを見て

1品1品を撮影し、
そこへ自分の想いをのせてアップする
そんな商品の売り方にえらく共感してもらえたとか

んー嬉しかった瞬間でした

 

私はどちらかというと
商品は自分から探しに行く方なので
本音を言うと商談ってのは昔からあんまり好きじゃないんです。

 

たいがいは すでに知ってる物か

この人は一体なんでココにこれを持ってきたんやろう?・・・・

そんな風に思うようなのことが
過去に何べんもあったからです

 

せやけど 今回ばかりは違いました
私のまるで よー知らんジャンル 音楽やったからです

 

約束の日、
巨大なスーツケースを手にしたレコード会社の副社長が
プリウスに乗ってやってきました

少なくとも3泊はできそうなほどのデッカイカバンを抱えて

 

軽く名刺交換をし
「じゃあ上まで運びます」と声を掛けて
そのカバンを持つと 想像してた3倍以上の重量があって驚きました

 

「お、重い  何・が・入・っ・て・る・ん・だ  このカバンは・・・ウゥ」

 

さっそく会社内のキャンディカフェへと案内することに

そこは元々スタッフルームとして用意した部屋で
私たちが散々商品を飾りつけた
言うならばキャンディタワーの「魅せ部屋」ってヤツです。

 

 

ドアを開けると
初めて目にする人は必ず
「うぉー」とか「わぁ」とか声を出して驚いてくれるんです。

そんな姿を見るのが好きだし、快感な瞬間でもあります

 

私たちが子供の頃は
いつまでもオモチャで遊んでいる大人は良く思われなかった時代

おおよその対象年齢と比例して
無理矢理オモチャと卒業させられたことが何度もありました

 

確かに何年も遊んでいないオモチャが
クローゼットの中にしまわれてはいたけど、
それを誰かにくれてやるのは子供ながらに嫌でした

 

年に何度か親のクローゼットの検閲が始まり
目の前で「これはもういらんな!」と急な卒業式が始まる

 

それらのオモチャは決まって田舎の従兄弟へと送られました

夏休みに田舎に帰ると
昔遊んでたオモチャがアチコチに散在し
それで遊んでいる従兄弟の子を見て
自分が大人になったという自覚ができた ・・・・そう感じたものです

 

そのチビだった従兄弟の子はやがて187cmという姿になって
キャンディタワーに帰ってきました

俺の方がチビじゃないか・・・・

今はうちのスタッフとして
毎日バリバリと仕事をこなしてくれてます。

 

話がそれましたが
今の時代は大人が堂々とオモチャを買える・・・
私にとってホンマに幸せな時代になりました

 

キャンディカフェを見て感動の声が聞こえるてくると
自分の脳ミソを評価してもらえた・・・・そんな気分になるんです。

 

 

商談は始まり
先ほどの巨大なスーツケースのファスナーが
ジィーーと軽快なジッパー音を響かせながら開けられる

 

中には隙間なくギッシリと詰め込まれたCD、
それに小型のステレオセットが入ってました

 

手際よくテーブルの上にセットされ
副社長はこう切り出しました

 

「この部屋をホームページで見た時、一瞬でこれを聞いて欲しいと思いましてねー」

 

スピーカーから聞こえてきたサウンドは
フィフティーズ時代のロカビリーソング

 

10秒で惚れました

 

確かにこれはうちの曲やわ!

フィフティーズダイナーの世界にはこれ以上なく よー似合う!

 

これはキャンディタワーで売りたい
いや 伝えんとアカンもんや

 

漫才で言うところのツカミはOKというヤツです

 

完全に向こうのペースに乗せられてしまった私に
次から次へとカバンからCDを取り出しては
えー曲を聴かせてくれました

 

で、音楽を知らん私に
わかりやすいストーリーを乗せて語ってくれるんです。

なんや フィリックスの魔法のカバンって感じやねー まるで

 

今や欲しい曲は携帯からダウンロードすれば一瞬で手に入ります

せやけど その人が私に教えてくれはったのは曲名なんかじゃなくて
音楽の楽しみ方そのものってヤツです。

昔、小田和正さんが歌ってけど
確かにラブストーリーはホンマに突然やって来ました

 

例えるなら
酒に酔わされて 口説かれているような気分 (〃 ̄▽ ̄〃)

 

ものすごく心が躍る・・・・そんな感覚でした

 

でもって
夢中になってスピーカーの音に酔いしれました

 

もう何枚聴いたんか覚えてません

お腹いっぱいになっても
こんなに気分がエエんは久しぶり!

 

フッと時計を見ると5時間が経ってました

 

こんなに長い商談は過去に例がないです。
だけどそん時の私にはほんの1時間程度にしか感じなかったんです。

 

もう心は決まってました

 

「キャンディタワーに音楽ストアを作るでー」

 

うちはアメ雑屋やからねー
それに加えて音楽に疎い私が店長を務める 大丈夫なんかホンマに?

今の世の中の景気を考えると
普通の会社だとミーティングの時点で却下されるやろうなー

 

だけんど
こういう時に個人商店は都合が良いんです

自ら提案し、自分でハンコをつく
それも頭の中でね

 

商売をするからには

ちゃんと採算が合うのかどうか?

利益として回収できるのか?

普通なら当たり前のこととして考えることだけど

今回、私を突き動かしたのは

「この人と一緒に仕事がしたい」

そういう想いからでした

 

こんな気持ちにさせてくれる人は なかなか いーへん

自分の商品をこれだけ愛し
それを必死になって伝えようとする

そういうところに
私の何かが反応してものすごく熱くなったんやと思います

この仕事をしていて感じる 幸せな瞬間 ってヤツです。

 

その日から毎日CDを聴き倒し
ミュージックストアの製作に夢中になりました

 

この物語が公開される日、
キャンディタワーには音楽ストアという
新しいジャンルがオープンしているはずやからね

人間は忘れっぽいでしょ

アメ雑屋であるうちが
どうやってそんな経緯に至ったのか

その時の気持ちをココに記しておこう・・・

 

そう決めてキーボードを叩いてみました


 

最後に副社長さんからこんな話をされたんです。

 

「このカバンメチャクチャ重たいのですが、
実はiPodに入れちゃうとハンドバッグに入るサイズになるんです。」

「だけどあえてこのCDを担いでステレオセットを持参して
お客さんにところに今でも行くんですよ!」

 

なるほど 副社長の言葉には説得力がありました

 

要するにデジタルで運べるのは曲だけ

 

けど この社長が運んできてくれたのは
CDそのものじゃあなくて、
ストーリーとか音楽の楽しみ方 そういう「きっかけ」なんやね

 

「音楽を知らないっていう藤原さんにしかできない紹介の仕方ってあると思うんです。」

 

「音楽を知ってる人はタワレコやHMVに任せて
藤原さんがこのCDに出会う前に感じてた時のことや
出会ってからのことをそのまま伝えればいかがですか?」

 

その考え方は
まさしくキャンディタワーそのものやと思いました

 

「それにうちのCDは大手さんでは扱っていないモノや、
すでに廃盤になっていて手に入りにくいモノ、
あとずいぶんと昔に発売されたモノなので
コーナーに埋もれてしまって知ってる人しか出会えない・・・・
そんなCDが多いですからね!」

 

私たちが伝えたいのは
まさにその「きっかけ」ってヤツ

 

誰かに教えてもらったことがきっかけで
その後の人生が幸せな方向に広がっていくことはよくある話です

 

今回、ロカビリーの世界を教えてもらった私みたいにね

 

音楽を知らへん私ならではの・・・

うちを訪れてくれるお客さんたちに
そんなお手伝いが ちょっとでもできればなエエなーと

 

「ホンマに教えてもらって良かったよ!」
そう言うてもらえたら

まさしくアメ雑屋冥利に尽きると思います  おおきに

 

キャンディタワー 藤原兄弟(兄) 2011年3月3日(ひな祭りの日)


 
Copyright (C) 2001-2004 CandyTower All rights reserved
CandyTower

 

アメリカンブリキ看板専門店キャンディタワー

アメリカ雑貨のテーマパーク! キャンディタワー
〒546-0024 大阪府大阪市東住吉区公園南矢田2-18-23 キャンディタワー1F
通販専門会社のため実店舗はございませんので予めご了承願います。

商品のお問い合わせ/電話&FAXでのご注文はこちら
営業時間:AM10:00〜PM6:00(土日祝は休み)
TEL/FAX:06-6698-6969
Eメール:fujiwara@candytower.jp
オンラインストア
http://www.candytower.com/

インターネットからのご注文は365日24時間いつでも受付中!